日本語 ENGLISH
Fina

テクノロジー

新しい水泳をともに

「テクノロジーによる新たなスタンダードの創出」に向けて

2001年、アジアで初めて福岡市で世界水泳選手権を開催しました。
今では当たり前となったコースレーンに国や選手名をオーバーラップさせる手法が生まれ、先進的な映像技術により世界水泳は「観戦しやすい大会」へと進化しました。
あれから20年余りの時を経て、再び福岡市で世界水泳が開催されます。
大会コンセプトである「WATER MEETS THE FUTURE」のもと、東京2020オリンピック・パラリンピックから続く技術革新を継承、進化させ、革新的なテクノロジーを活用した「新しい水泳」「新しい福岡」の実現を目指し、参加する全ての人が未来と出会う世界水泳の新たなスタンダードをつくりだします。

世界水泳2022福岡大会においてテクノロジーを活用したアイデアを募集します!

以下の3つのテーマのもと、会場を含めた様々なフィールドにてテクノロジーを導入し、社会の未来を変える実証実験の場として大会を運営していきます。

テーマ

  • ① スポーツ観戦・参加
  • ② 大会運営
  • ③ 大会を契機とした未来の構築

フィールド

フィールド

Official FINA Partners

Nikon Yakult Hisamitsu Myrtha Pools NONGFU SPRING OMEGA

Official FINA Suppliers

DURAFLEX